提案例
公共施設

POINT

 

公共施設の設計で注意することの一つに ” 使いやすいこと ” が挙げられます。

施設管理者が定期的に代わられることがあるため、操作やメンテナンスが複雑では管理することができません。
誰もが快適に簡単に管理できることが必要になります。

例えば、エアコンなどの空調機器を一元管理できる集中コントローラーというものがあります。
集中コントローラーとは、タッチパネル式の液晶画面に施設内の空調機器を一括表示させることができ、運転・停止や温度設定などの操作も可能です。
また、異常が発生した際にはエラーが表示されます。

 

集中コントローラーとデマンドコントローラーとを連動させて、電力ピークカットをすることで節電効果を高めることも可能です。
電力デマンド値により、集中コントローラーが自動的に空調能力を可変することでピーク電力を抑制します。
施設管理者は、面倒な操作をしなくても、自動的に空調機器を節電運転させることができるのです。

 

 

メニューを閉じる