提案例
公共施設

POINT

公共施設、特に既存の校舎にエアコンを設置する場合、コンクリートに穴を開けるなど建物の構造を弱める行為は認められていません。そのため、窓の一部をカットしてアルミのパネルを入れるなど、いかに壁を抜かないか、構造上傷めずに設計をするかを基本としています。

また、病院の空調改良工事の場合、院内には入院中の患者さんたちがおられます。その状態で工事に入るため、通常の設備設計業務よりも、工事の日程や時間帯、患者さんの移動手順等、病院側と話し合って考える内容が増えます。また、工事中の音や埃も厳禁です。私たちはあくまで設備設計業務担当ではありますが、現場の工事屋さんと打ち合わせをし、工事中の段取りをしっかり考えます。


メニューを閉じる