提案例
介護施設

POINT

 

 

 

 

 

老人介護施設はお客様からのご要望が多い建物のひとつです。

高齢者の方が利用される施設で気を付けなければいけないこととして、急激な温度変化によるヒートショックがあります。
浴室・脱衣場・トイレなどに対して温度差を小さくするような空調が必要になります。
近年では、床暖房設備や全熱交換器などの導入をご提案しております。

さらに、温度調節だけでなく湿度調節も大切です。
例えばインフルエンザウイルスは空気の乾燥を好むと言われており、予防には、” 温度20度以上、湿度50~70%程度 ”が快適な条件とされています。

エアコンや暖房器具を利用すると湿度が下がるため、加湿器による湿度調節が必須なのです。
空気の流れを計画し温湿度調節をすることで、ウイルス蔓延を予防することができます。

利用される方(利用者)と介護をする方(介護者)がともに過ごしやす施設をつくること。

それが私たちが大切にしている設備設計です。

 

 

メニューを閉じる