About Equipment design

設備設計業務とは?

建築物を設計するためには「意匠設計」「構造設計」「設備設計」の3つが必要です。

建築物に必要な3つの設計

  • 意匠設計

    建物の外観や内観、室内空間のデザインや間取り構成の設計。条件や環境を考えた上で、美しいデザインを行います。

  • 構造設計

    建物の土台や骨組みの設計。地震や積雪なども考慮し、どうすれば壊れない建物ができるのか、力学的な観点で考えます。

  • 設備設計

    給排水、空調、電気設備などの設計。建ててからの電気代やコストを含めた上で、快適な室内環境を考えます。また、設備設計はさらに「機械設備」と「電気設備」の2つに分けることができます。

エアコンや照明器具の設置、トイレの配管工事からLANや放送機器関係まで、建物内部の設備は、全て設備設計の分野です。建物としての機能を果たすためには、設備はなくてはならないもの。建物を人間に例えると、設備設計業務は血管部分をつくる作業と言えます。

一般社団法人 
滋賀県設備設計事務所協会
http://setubi.or.jp/

日本設備設計事務所協会連合会
http://www.jafmec.or.jp/

建築設備士とは
どういう資格か?

ひと昔前までは「蛇口をひねって水が出たらいいよ」「ガスがあればいいよ」というように、設備に求められる内容は、とてもシンプルなものでした。しかし、現在設備設計に求められる内容は日に日に複雑化しています。高機能・高性能化が進み、新製品の販売サイクルはますます短くなるばかり。さらに、建築に関する法律の改正も頻繁に行われています。例えば、消防法の改正により、老人ホームにスプリンクラーの設置が義務付けられたことも、そのひとつです。

しかし、設備や法律など建築に関する内容を建築士が全て把握することが難しいのも事実です。そこで、建築設備全般の知識・技能を持ち、建築設備の設計、工事、監理に関するアドバイスを行う資格として「建築設備士」が誕生しました。

設備設計が
必要となる事例

設備設計は、まさにケース・バイ・ケースです。例えば、学校の場合は子どもたちが長時間過ごすことを前提に考えます。老人ホームの場合は、お年寄りが過ごす場所ですから、冷房よりも暖房を重要視します。風邪を引かないための加湿設備や、バリアフリー化、手すりも必要です。また、寝たきりの方はご自身での体温調整が難しいことが多いもの。その場合は、できる限り寒暖の差をつけないような設備設計が求められます。

設備設計は、建物の使用目的や実際に建物を利用する方の年齢層、状況により、必要とされるものや優先順位は大きく異なるため、マニュアルはありません。また、仮に同じ「老人ホーム」という建物であったとしても、施設長さんによって考え方は様々です。「スタッフが少ないから、できるだけ簡素化して欲しい」「こんな方法で冷暖房管理をしたい」など、色々な要望をいただいた上で、内容とご予算を元に、過去の経験に基づき、提案させていただきます。